C9 Organ Machine ブラック系 楽器/器材 アウトレット販促 Electro-Harmonix EHX C9 Organ Machine at Promenade Music

商品の説明

C9 Organ Machine C9 Organ MachineElectro Harmonix定価:¥40000C9 Organ Machineは、ギターのサウンドをエレクトリック・オルガンやヴィンテージ・キーボードへ変換します。パーカッシブなクリック音やモジュレーションなど、シミュレートする楽器特有の要素も調整できます。ドライ信号とエフェクト信号の音量を個別に調節でき、バランスを調節して美しい音の重なり(レイヤー)を演出することも可能。B9とコントロールは同じですが、9つのプリセットは完全に別のものとなっています。動作確認済み。専用AC電源付商品の情報おもちゃ・ホビー・グッズ>楽器/器材>レコーディング/PA機器商品の状態:やや傷や汚れあり

商品の情報

サイズ
ブランド kraulquappen.at
商品の状態 やや傷や汚れあり
Electro-Harmonix EHX C9 Organ Machine at Promenade Music,Results 8-14">2

C9 Organ Machine ブラック系 楽器/器材 アウトレット販促 Electro-Harmonix EHX C9 Organ Machine at Promenade Music

kraulquappen.at

¥21900円 ¥15330円 (税込) 送料込み
7
3

商品の説明

C9 Organ Machine C9 Organ MachineElectro Harmonix定価:¥40000C9 Organ Machineは、ギターのサウンドをエレクトリック・オルガンやヴィンテージ・キーボードへ変換します。パーカッシブなクリック音やモジュレーションなど、シミュレートする楽器特有の要素も調整できます。ドライ信号とエフェクト信号の音量を個別に調節でき、バランスを調節して美しい音の重なり(レイヤー)を演出することも可能。B9とコントロールは同じですが、9つのプリセットは完全に別のものとなっています。動作確認済み。専用AC電源付商品の情報おもちゃ・ホビー・グッズ>楽器/器材>レコーディング/PA機器商品の状態:やや傷や汚れあり

商品の情報

サイズ
ブランド kraulquappen.at
商品の状態 やや傷や汚れあり
Electro-Harmonix EHX C9 Organ Machine at Promenade Music,Results 8-14">2

商品の情報

kraulquappen.at安心への取り組み

お金は事務局に支払われ、評価後に振り込まれます

出品者

teizou yonedu

本人確認済

スピード発送

この出品者は平均24時間以内に発送しています

コメント (3)

C9 Organ Machine
C9 Organ Machine ブラック系 楽器/器材 アウトレット販促 Electro-Harmonix EHX C9 Organ Machine at Promenade Music C9 Organ Machine ブラック系 楽器/器材 アウトレット販促 Electro-Harmonix EHX C9 Organ Machine at Promenade Music
Not sure - by , 2023/06/07
2.0/ 5stars
The pads are not sensitive , not sure if it is a defect or it is normal. The keys sometime give off-key, sometimes loud and off . Could be manufacturing defect . Contemplating to return it
FL Studio 20でお金をかけずに使うのは労力が要りそう。 - by , 2023/06/07
4.0/ 5stars
FL Studio 20で使用するにはMPK Mini III Program Editorだけインストール・使用すればよいようでした。Padへの楽器割り当てのテンプレートはDAW・コントローラともにメーカーサポートはありません。サムスティックにpitch bendの±を割り当てるだけで3時間かかりました。その後Pythonによるスクリプトでプログラムチェンジの切り替え、ボリュームコントロールを実装しました。DTM開始日です。
手軽に買える入門機 - by , 2023/06/06
5.0/ 5stars
はじめてのMidiキーボードとして購入。見た目もカッコよく、テンションが上がる!使い方などの説明は豊富ではないが、サポートに問い合わせるとすぐに返答がくるのはびっくりした。価格も安いので入門機としてはよかった。
初めてのDTMに買いました - by , 2023/06/06
5.0/ 5stars
初めてDTMという行為を行うようになり、調べていくうちにMIDIコントローラー(MIDIキーボード)が必要という記事を見たりして、必要性も意味も何も分からずに購入してみました。結果、必要であるということを実感しました。なぜ必要かというと、音楽を作るには「楽器を弾く」という感覚がやはり大きく影響します。マウスでポチポチと音階をクリックしていても何も産まれません。(私の場合は)そういう意味では非常に有用な買い物でした・・!初心者用かどうかという部分においては、全くもって初心者向けではない。メーカーサイトもわかりにくい、説明書もわかりにくい、Amazon商品ページに「ビートメイキングへの3ステップ」「プラグを繋ぐ」「ソフトウェアをインストールする」「PLAY!」・・なんていう説明がありますが、DTM初心者の場合、この流れでは音を出すことすら不可能でしょう。それでいてDTM関連の情報サイトやブログは「わかっている人」が「わかっていない人」に伝えたくて記事を書いているのだと思いますが、はっきり言って「わかりません」。一つずつ色々試していって自分の最適解を見つけるしかないですね。とにかく、買って良かったと思いました。<<追記>>本当にはじめてのDTMで何が必要か?という部分に対して私なりにたどりついた答えを書いておきたいと思います。PCで始めるなら最低限以下のものが必要でした。・DAW(Cubaseなどの音楽編集ソフト)・音源ソフト(ピアノやドラムなどの音データ)上記2つに加え、このAKAI MPK mini mk3などのMIDIキーボードです。なぜMIDIキーボードが必要なのかは上述のとおり、楽器を弾くという感覚があるから。ちなみにCubaseには多少ですが音源が元々入っています。マイクで歌や楽器を録音したいなら「オーディオインタフェース」と「マイク」も必要です。エレキギターやベースを録音する場合は「オーディオインタフェース」と「アンプシミュレーター」が必要です。アンプシミュレーターは無いと音が劇的にショボくなりますのであった方が良い。ただしギターやベースに関しては「LINE OUT」という端子があるアンプなら、アンプシミュレーターがなくてもLINE録音ができるのでアンプシミュレーターがなくても大丈夫です。この場合LINE OUTからオーディオインターフェースに接続して録音できます。<<私自身が実際に揃えたもの>>私がDTMのために揃えたものを紹介します。(1)ヤマハ THR30II wireless(ギターアンプ、LINE OUTあり)(2)STEINBERG UR22mk2(オーディオインターフェース)(3)AKAI MPK mini MK3(MIDIキーボード)(4)AKG P120(マイク)※DAWはTHR30IIに付属しているCubase LEを使用使用しているPCはwindowsです。ドスパラで数年前に10万円ほどで購入したゲーミングPCです。なぜゲーミングPCにしたかと言うと、ゲームがちゃんとプレイできるPCはスペックが高いので『なんでもできる』からです。動画編集も音楽編集も写真編集も楽勝でイケます。私自身、ゲームは全くやりません。実際に音楽編集ソフトも完璧に動作しています。本気でゲームをしたい目的でなければ予算は10万円程度で全然OKだと思います。また、ドスパラなどのPCは後からPC内部の部品を交換しスペックアップをしていくことも可能なのでオススメですね。また、PCを持ち出してライブ演奏などでもDAWを使いたい場合は必然的にノートPCが必要かと思いますが、その場合はmacbookのハイスペックなものをオススメします。macはOSの動作がwindowsと比べトラブルが少ないことが期待できます。多くのアーティストがmacbookを使っているのは安定動作が理由だと思います。ただ、iPadやiPhoneでも使えるDAW(すぐに使えるのはガレージバンド)があるので、iPhoneとMPK mini MK3だけでもライブ演奏はできそうです。ところでデスクトップであればmac専用ソフトウェアを使う必要がなければmacを選ぶ理由は皆無です。(高価なだけ)しかしmacbookを使うなら自宅はmacが良いかも知れませんね。私的には金額が金額なだけに音楽機材に投資してほしいとは思います。もしくはどこでも持ち出して使うことを想定してmacbook pro一台でいく、というのも良いとは思います。ちなみにですが上記(1)(2)にはDAWのCubase LEが付属、(3)には「MPC beats」というDAWと良い感じのピアノ音源などが付属しているます。(4)のマイクは価格的にサウンドハウスで購入しましたが激安かつハイクオリティなマイクのようです。このセットがあればボーカルとギターは録音、ベースとドラムは打ち込み・・みたいなことはできます。弾き語りなんかもOKです。<<この場で伝えたかったこと>>個人的には始めるにあたって、ものすごくストレスが募りました。先ほども書きましたがネットの情報ブログは「そんなことも知らないの?」的な鼻にかけたものが多く、結局どうすればいいのか結論にたどりつくことが難しい。その上、アフィリエイトとして売りたい商品をどう売るかという視点で書かれているので売り文句ばかりで具体性のある情報が少ない。ネット上のブログって無料で公開されてるものだし仕方ないことではあるけどね。楽器店のブログなんかもがんばってると思うけど、わかりにくい。ほとんどが「〇〇と比べ△△はどうだ」とか、「□□なので初心者でも簡単にできます」というものばかり。私のような初心者がそういうものを見た感覚としては、「結局、初心者でも簡単に『何が』できるの???????????」ってことなんです。なんというか「パソコン」という道具の存在自体を知らない人に「パソコンを使えばできるよ!」という説明をしている感じ。さらに言うと「新しいパソコンは前のパソコンと比べてここがすごい」という話だったりする。初心者が知りたいのは、「そのパソコンとは何なのよ!!??」ということですよね、きっと。私自身、ブログを書いているのでそこで詳しく書いていこうかと思います。この情報が未来のクリエイターの役に立つことを願っています!<<2022年10月、状況が変わったので追記>>このAPK mini MK3を購入してからしばらく経ちますが、今でも実際に使っています。自分の音楽にピアノやシンセサイザーなどの選択肢が増え、非常に幅が拡がったと思います。さて、上の方で書いていたPCなどの環境ですが状況が変わってきたので再度追記します。まずPC。当初は10万円程度のゲーミングPCを使用していたのですが、ちょっと問題が発生。それは「PC本体のファンの音」のことです。デモ音源を創るときやちょっとした音ネタの録音では気にならなかったけど、アコギやボーカルをちゃんと録ろうとしたときにバッチリ集音(録音)されていることに気づきました。さらには、接続しているHDDにもファンがあったりでそれも聴こえる・・んですよね・・。ホワイトノイズ的であったりなものなのですが。とにかくこれはイカンということで、たどり着いたのが「MacBook Air(2020)」です。MacBook Air(2020)は薄さ軽さを重視したモデルなので、ファンが無いんです。つまり、PCが完全に「無音」なんですよ。2020年10月の本レビュー当時は、コスパが悪いのでおすすめしていないとしていましたが、なんと2020年11月に発売開始されていたこのMacBook Air (2020)は「M1」という新たなCPUを搭載していました。私自身macは視界に入っていなかったので気づいていなかったが、ちゃんと調べたらこのM1、スペックは私のゲーミングデスクトップよりも上でした・・。さらに、MacBookにはだいたい「Pro」と「Air」がラインナップされているのですが、この2020が発売されるまではあからさまにProの方がハイスペック機としてつくられていました。・・が、MacBook Pro(2020)とMacBook Air(2020)はCPUがなんと同じM1なんです。つまり、細かな違いはあれど中身は同じってことですね。しかもMacBookAir(2020)の価格は13万円代からあり、高すぎるものではなかったし、私のデスクトップよりも上位スペックということ、そして最大の問題であった「ファン」の音も無いし・・で迷わず切り替えました。ところでwindowsでファン無しを選択するとなると、やはりノートPCしか無いのですが、windowのファン無しでそれなりにスペックのあるPCというのは無い・・?かも知れません。自宅で録音したいという人にとって、楽器を演奏する部屋とその録音先PCを別の部屋にするということは難しいと思います。(それができるならもはやスタジオ状態)それなりのスペックがあり、無音で録音ができるのはおそらくMacBookAirだけだと思うので、案外と唯一無二の選択かも知れません。ちなみにPro(2020)はファンあり。調べるとうるさいという意見が多く出てきます。MacBookAir(2020)のYouTubeでのレビューってすごく多くて、DTMをやるにはいまいち足りない・・というYouTuberの方が多いですが、そういったYouTuberの方はあまりにもイレギュラーな使い方しか語っていないので、はっきり言って気にしなくてよいです。彼らが語っているのは最終的には主に「積めるメモリなどの上限」の話です。MacBookAir(2020)はMacBook Proなどと比べて選択できるメモリの上限が少ない、だから重たい処理をしようとするとメモリ不足に陥ったりフリーズする可能性がある、ということを言っています。ここで言うDTMでの「重たい処理」ですが、実際にあるYouTuberの話を視聴していたところ、100種類の音源を同時に再生する・・等の話でした。正直、バンド系で100も200もトラックや音源使わんでしょ・・と思います。ただ、オーケストラな音楽を創りたい等の目的があるならメモリのことは考えたほうが良いと思いますが、まぁ仮に多くのトラック数が必要だったとしても工夫でなんとかなる範囲だと思います。それにオーケストラを生録音するのであればスタジオやホールなどを使うことになるでしょう、宅録ではない環境です。そこでファンの音を気にする必要は無い。そういうわけで私の実感としてDTMやるにはMacBook Air(2020)は十分だと思います。2022年になり新たにM2というM1のグレードアップCPUを積んだMacbookAir(2022)が販売されています。これからDTM用にPCを買いたい人は、MacBookAir(2020)を買うかMacBookAir(2022)を買うかで迷うことになりますね。これの最適解も「新型でドヤりたい」という希望がなければMacBookAir(2020)の購入をおすすめします。実際に現在Appleでも2020も購入できます。理由は単純。2020の時点でDTMに耐えうるスペックだし、2022は2020よりも価格が16万円スタートと、約3万円も上がっているから。CPUのスペックも上がっているでしょうが、それも劇的な進化では無いです。(毎年のiPhoneのバージョンアップを考えるとわかりやすいと思います)音楽的な部分では本体の3.5mmイヤホンジャックがハイインピーダンスヘッドフォン対応となりましたが、DTMerはオーディオインターフェースを使ってるはずなのでほぼ無関係。新しいものがほしくなる気持ちはわかりますが、2022を「今」買う理由は見つかりませんね。同じ予算で考えるなら、その差額3万円を2022に費やすよりも、2020のメモリ(RAM)かストレージ(ROM)を上位に使った方が賢いと思います。それに2020を買い、2年後におそらく発売されているMacBookAir(2024)あたり買うべきかと思う。2年後であっても大事に使い、ステッカーをベッタベタに貼ってないMacBookAir(2020)は普通に10万円くらいでフリマで売れると思います。それを元手に新型(2024)ですね。
使いやすい! - by , 2023/06/06
5.0/ 5stars
意見に個人差はあると思いますが、私にとっては最高のプレゼントになりました。曲作りまくってますwww
dont forget to download the latest software MKiii Program Editor! - by , 2023/06/04
4.0/ 5stars
great way to get into making music. I plan to get something better soon but this was a good introduction to using a midi controller with a DAW. I personally dont like the MPC Beats but maybe its just a personal preference. I recommend it!
ちょっとベロシティの感度が要調整かも。DAWによっては使いやすいのかな? - by , 2023/06/04
4.0/ 5stars
キーボードを弱めに弾いたときのベロシティーのデフォルトの感度がちょっと低いかも?調整方法は、マニュアルからは見つけられませんでしたがFULL LEVELボタンを長押し(10秒くらい?)するとベロシティの強さのカーブのパラメータが弄れるようになります。K1~K4ツマミでパラメーターを弄って、再度FULL LEVELボタンを長押しで調整を抜けます。あと、MPC Beatsだと三本線メニュー→edit→preferences MIDI/SyncのMPK mini 3の[MASTER]を有効にしないとキーが反応しなかったのですこのメニューが何なのかはDAWの知識があんまりないのでよくわかりませんが…あと、キーボードの高さがキーによってマチマチなところがあります。・・・私には差し支えないのですが気になる人は居るのかもしれません(1.5mmくらいCとDが高さが違って、EとFで1mmくらい高さが…みたいな感じです)
「打ち込み」用途はもちろん、モバイル用にもいい。 - by , 2023/06/01
5.0/ 5stars
非常に良いです。ベロシティの感度も普通に良いですし、カーブもとりあえずハードウェアで段階調整できるのでいいです。DAWだと大抵ソフトウェア側で調整できるはずなので特に問題ないでしょう。軽いので持って出て外出先でも使えます。カフェのカウンター席とかでもPCとこれを置くには困らないと思います。(お店のルールには従いましょうw)ミニ49鍵とかになるとそれなりに幅を取って置けなくなる可能性が高いので、カフェ使いなどカジュアルに外でサッと使いたい方はあえてこの32鍵を選ぶ方が良いでしょう。自宅で使うならフルサイズ70鍵くらいある物でいいのだし。macOS BigSurだとMIDI Editorが「アプリケーション“AKM322 MIDIEditor.app”を開くためのアクセス権がありません。このコンピュータまたはネットワークの管理者に問い合わせてください。」とエラーを吐いて起動しません。「情報を見る」からのアクセス権変更などを試してみましたが、改善なしです。(元々は自分のアカウントは読み書き両方許可、staffとeveryoneは読み出しのみとなってました。)何か方法があるんでしょうが、個人的には現時点で対処方法不明です。Windows10では問題ないです。CubaseLE10バンドルとの表記ですが、実際には現時点で最新版LEのバージョン12を使うことができます。公式サイトの指示に従って、Steinbergの管理アプリを入れてそこから付属のシリアルを入れるとLE12をアクティベートできる状態になります(ネット接続必須)。早まって単体のLE10を入れてアクティベーションしたりすると12が使えないかもしれない(未確認)ので、最新版を使いたい場合は必ず管理アプリを使いましょう。鍵のタッチがどうこうと不満を書く人がいますが、ミニ鍵だとどれもこんなもんですよ。むしろ、ミニ鍵でもここまでベロシティの感度や精度が出せるんだなとちょっと感激しましたwピアノに近いタッチが欲しいならハンマーアクション鍵の電子ピアノでも買いましょう。この手のもののタッチはフルサイズのものでも五十歩百歩で、好みの問題でしかないです。久々にDTMを始めようと思い、とりあえずPCやソフトウェアシンセで音出せればいいやと安くてDAW付きのこれを選んだのですが、いい買い物でした。
初心者には使いやすいmidiキーボード - by , 2023/05/31
4.0/ 5stars
購入:Amazon。5,700円。到着まで1週間第一印象:とにかく軽い接続:ノートパソコン。Windows10。i5。SSD240GB。音楽作成ソフト:ミュージックメーカーMX2 プロデューサーエディション。※このソフトはmidiキーボード付属ソフトではありません。別途購入が必要です。接続:付属のUSBケーブルでノートパソコンに接続。1分も掛からず認識完了。動作:何もせず、ミュージックメーカーにmidi機器として認識。行う事はソフト側の音量調整だけ。音は問題なく出ました。ドラムの音なども出ています。タッチの強弱はありますがピアノの鍵盤のようなタッチにはならない。音は若干遅れて出ますがmidi機器なので範囲内だと思います。総評:midiキーボード初心者、midiキーボードを覚えるには最適な機種だと思います。初心者なら鍵盤数も十分。買ってよかったと思いました。
C9 Organ Machine

Electro-Harmonix C9 Organ Machine Guitar Effect Pedal | Sweetwater

Electro-Harmonix C9 Organ Machine Guitar Effect Pedal | Sweetwater

C9 | Organ Machine - Electro-Harmonix

C9 | Organ Machine - Electro-Harmonix

Electro Harmonix C9 Organ Machine – Thomann United States

Electro Harmonix C9 Organ Machine – Thomann United States

C9 | Organ Machine - Electro-Harmonix

C9 | Organ Machine - Electro-Harmonix

Electro Harmonix C9 Organ Machine – Thomann United States

Electro Harmonix C9 Organ Machine – Thomann United States

ホーム > おもちゃ・ホビー・グッズ > 楽器/器材 > C9 Organ Machine ブラック系 楽器/器材 アウトレット販促 Electro-Harmonix EHX C9 Organ Machine at Promenade Music

どんな組み合わせでも
統一感が出るようモジュール化

モジュール化しているため、変化していくライフスタイルに合わせて自由自在に収納量を調整したり、配置を変更させることが可能です。

Tagタグ

  • C9
  • Organ
  • Machine
  • 楽器/器材
  • おもちゃ・ホビー・グッズ
  • kraulquappen.at